• イデア美容皮膚科
    クリニック船橋院

    フサフサ度数

    16点/20点中

    AGA治療の内容を見る

  • 千葉中央美容形成
    クリニック

    フサフサ度数

    18点/20点中

    AGA治療の内容を見る

  • 船橋中央
    クリニック

    フサフサ度数

    15点/20点中

    AGA治療の内容を見る

本気で薄毛を直したい人のAGA治療ガイド【千葉編】  » 薄毛の原因は?AGAの基礎知識

薄毛の原因は?AGAの基礎知識

本ページでは、薄毛の症状にお悩みの方向けに、AGAの原因や予防法など、知っておきたい基礎的な知識を分かりやすく解説します。

原因や予防法、女性の場合は?…薄毛について知っておきたいこと

まずAGAと何か?その原因や症状、予防対策などの基本的な知識を身に付けて、AGAにきちんと対処していきましょう。

そもそもAGAとは何か?

言葉自体の知名度は高まっていますが、正式な定義までご存知の方はまだ少ないかもしれません。AGA(エージーエー)とは英語の“Androgenetic Alopecia”を略したもので、日本語に訳すと「男性ホルモン型脱毛症」となります。ある調査によればAGAは日本全国で約1,260万人、悩んだり気にかけている人は約800万人。何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。

AGAの原因 とは?

実は現代医学において、100%の原因解明はなされていませんが、有力視されているのが男性ホルモンの影響です。男性ホルモンのバランスが変化することで発生するDHT(ジヒドロテストステロン)という物質の濃度が、AGAの症状が発生している部位で高くなっているためです。薬によるAGA治療は、このDHTの抑制が主眼となっています。また運動や食事などによってDHTを下げることもできます。詳しくは下記の予防対策をご覧ください。

AGAの主な症状は?

多くの場合、症状としては、「おでこの生え際がM字型に後退していく」、および「つむじの周辺の頭頂部が薄くなっていく」パターンが殆ど。人によっては、その両方が同時進行というケースもあります。加えてAGAは進行性の性質があり、何もせず放っておくと、髪の毛の数は減り続ける一方です。

女性にもAGAがあるの?

女性の薄毛症状は“Female AGA”と呼ばれ、男性のAGAとは異なりますが、共通点もあります。その発生原因は、加齢などによる女性ホルモンの減少により、男性ホルモン(女性にも存在します)の働きの増加と考えられています。

一方、違いとしては、男性は「生え際」や「頭頂部」から薄くなっていくのに対し、女性の場合は生え際のラインは変わらず、その代わり毛髪全体が細くなる傾向があります。

また女性の場合、完全に毛髪が抜け落ちてしまうケースは稀です。治療に関しても、女性専用の薬を用いたり、男性にも用いられるミノキシジルを濃度を薄めて使用するといった方法が行われます。

いずれにしても、女性の薄毛治療に対応しているクリニックを受診することが大切です。

詳しくはこちら⇒「女性もOKな薄毛治療のクリニック3選【千葉】」

AGAの予防対策は?

◆適度な運動
AGAの要因と考えられているDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンのバランスが変化し、血中のインスリンのレベルが上がることで発生します。インスリンレベルを下げDHTの発生を下げるには、ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングなどの有酸素運動や、エアロビクス、ヨガなどの全身運動を週に3回位行うのが理想的とされています。

◆予防に効果的な食材の摂取
ビタミンB群――髪の毛の新陳代謝を促進する働きがあります。
●玄米胚芽 ●のり ●わかめ ●チーズ ●卵 ●ピーナッツ ●レバー ●ビール酵母 ●牛乳 など

タンパク質――髪の毛の成長を補強する効果があります。
●魚類 ●肉類 ●大豆製品 ●卵 など

ミネラル――髪の毛の発育を促進します。
●貝類 ●海藻類 ●ナッツ類 など

カルシウム――メラニン色素を合成し髪の毛につやを与えます。
●牛乳 ●大豆 ●ひじき ●小魚 など

◆正しい洗髪方法の実践

  1. 髪をお湯ですすぎ、手のひらでシャンプーを泡立て(シャンプーを直接髪につけて泡立てるのはNG)、髪そのものの汚れを洗い、一旦お湯で流します。
  2. 再度手のひらでシャンプーを泡立て、こんどは頭皮を洗います。指の腹でマッサージするように洗うことがポイント。しかし爪を立てて洗うと頭皮が傷つくので十分注意して下さい。
  3. 頭皮や髪の毛にシャンプーが残らないよう、たっぷりのお湯で十分にすすぎます。
  4. リンスやトリートメントをなじませ、しっかりすすぎます。
  5. タオルで水分をとり、ドライヤーを低めの温度にして乾かします。

※シャンプー選びの際、界面活性剤を使用しているものは、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいますので避けてください。潤いを保ち必要な残しつつ、余分な皮脂は取り除くという、天然成分のものがお勧めです。

 
薄毛にサヨナラできる千葉のAGAクリニックBEST5