• イデア美容皮膚科
    クリニック船橋院

    フサフサ度数

    16点/20点中

    AGA治療の内容を見る

  • 千葉中央美容形成
    クリニック

    フサフサ度数

    18点/20点中

    AGA治療の内容を見る

  • 船橋中央
    クリニック

    フサフサ度数

    15点/20点中

    AGA治療の内容を見る

本気で薄毛を直したい人のAGA治療ガイド【千葉編】  » AGAの対策・治療方法まとめ » 経口薬の摂取

経口薬の摂取

本ページでは、AGAへの治療としてプロペシアやミノキシジルなどの飲み薬を取り上げ、もたらされる効果や費用の目安、メリット・デメリットなどをご紹介していきたいと思います。

AGA治療、プロペシアやミノキシジルなどの飲み薬

プロペシアやミノキシジルといった飲み薬は、AGAの治療に一定の効果が望めるとされており、多くのクリニックで実践されています。その一方で、副作用などのリスクも存在しており、その点もよくよく苦慮しなければなりません。まずはこれらの薬品について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

プロペシア

男性の発毛を阻害するとされている男性ホルモンを抑制する薬剤の代表格で、フィナステリドという物質が主成分。前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として元々開発されましたが、毛髪発毛の効果も見られたため、発毛剤としても注目が高まったという経緯があります。

AGAの主な原因とも言われる、5αリダクターゼTypeⅡという物質の働きを抑制し、テストステロン(男性ホルモン)が、発毛を妨げる物質(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを防ぎます。

また気になるのはその副作用ですが、精力減退やED(勃起不全)などが挙げられます。前述の通り、元々は前立腺がんや前立腺肥大の治療が目的なので、男性ホルモンを抑える働きがあるからなのです。

アメリカでは、そのような副作用をきちんと説明し理解してもらった上で、処方することが義務付けられています。その他の副作用として考えられるのが多毛症です。分かりやすく言えば、髪の毛以外の体毛も濃く生えてくる可能性あります。他にも考えられるデメリットとして、肝機能障害を引き起こす場合もあり得ます。

気になる費用は、初診診察料と薬28日分でおおよそ10,000円~12,000円程度。2回目以降が28錠で7,000円~8,000円前後が目安です。

ミノキシジル

こちらも当初から薄毛治療の薬として開発されてのではなく、本来は高血圧の治療を目的とした血管拡張薬という出自があります。プロペシアと同じように、毛髪発毛の効果が発見されたため注目を集めるようになりました。

しかしながら、未だその薬理作用は解明されておらず、発毛効果が他の血管拡張薬には見られない現実もあります。また効果が期待されるのは頭頂部のみと言われ、生え際の発毛効果はないとする説もあるようです。

副作用については、血管を拡張させる働きがあるので、血圧の変動が起こる場合があります。従いまして、腎臓や心臓、血圧などに持病を持っている人には慎重な対応が求められます。

またミノキシジルは、厚労省に未だ認可されておらず、医師の責任において輸入・処方する現状にあります。もしも副作用を起こして深刻な事態になったとしても、国が設けている医薬品副作用の保護制度を受けることができません。

そうした背景もあり、近年では飲み薬ではなく、外用薬(塗り薬)として用いられるケースも多くなっています。

気になる費用は、クリニックでの初診料が5,000円程度、ミノキシジルタブレットが100錠(100日分)につき15,000円~16,000円前後が目安となっています。

これまで解説したように、AGA治療にミノキシジルやプロペシアやミノキシジルの効果が期待されている反面、副作用やリスクが存在するのも事実です。この現状をしっかりと踏まえ、そのリスクを医師がきちんと回避する対応を行ってくれるかどうか、十分考えた上で服用すべきだと思います。

 
薄毛にサヨナラできる千葉のAGAクリニックBEST5