• イデア美容皮膚科
    クリニック船橋院

    フサフサ度数

    16点/20点中

    AGA治療の内容を見る

  • 千葉中央美容形成
    クリニック

    フサフサ度数

    18点/20点中

    AGA治療の内容を見る

  • 船橋中央
    クリニック

    フサフサ度数

    15点/20点中

    AGA治療の内容を見る

本気で薄毛を直したい人のAGA治療ガイド【千葉編】  » AGAの対策・治療方法まとめ » 自毛植毛

自毛植毛

本ページでは、AGAへの対応策としての自毛植毛を取り上げ、もたらされる効果や費用の目安、メリット・デメリットなどをご紹介していきたいと思います。

AGA対策としての、自毛植毛の効果や費用は?

まず、ご存知ない方にご説明しておきますと、自毛植毛とは、かつらメーカーなどが販売している、貼り付けるタイプのウイッグ類のことではありません。

その名の通り、ご自分の後頭部や側頭部から生きている毛髪と毛根を採取し、生え際や頭頂部に植え付けるというやり方になります。

ちなみに、かつては頭皮への植毛は人工毛が主流でしたが、拒絶反応による頭皮の腫れや化膿、時間経過による抜け落ちの多発などの問題もあり、現在ではほぼ行われなくなりつつあります。

自毛植毛のメリット

自毛植毛のメリットはなんといっても、自分の生きている毛髪・毛根を移植するので、拒絶反応が起こるリスクがほとんどないという点です。そして一旦定着してしまえば、自然の毛髪と同様に成長や生え変わりが起こるようになります。

見た目の自然さという面でも、かつらやウイッグなどとは、比べものになりません。

なお、現在主流となっているのは1mm程度の頭皮片ごとに移植を行う「マイクログラフト法」と、4本程度の髪の集まり(毛包といいます)ごとに移植するFUT(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションというやり方。

クリニックごとに、得意・不得意やこだわりなどがありますので、チェックしてみるとよいでしょう。

自毛植毛のデメリット

一方デメリットの筆頭として挙げられるのは、なんと言っても費用が高額という点です。クリニックによって多少の違いはありますが、1本あたりの移植費用は400円~1,000程度が目安。

仮に3,000本を移植した場合、安い場合でも150万円弱、高い場合では200万円台後半となります。これは大いに悩ましいところでしょう。

また、移植できる本数には限りがあるという点も考慮しておくべきです。自毛植毛はその名称の通り、ご自分の側頭部や後頭部から毛根を採取し移植するというやり方です。

当然、採取できる面積には限りがあり、AGAの進行が早い場合などには、移植が追いつかなくなることもありえます。

さらにつけ加えておきますと、当然ながら頭皮への手術を行うわけですから、術後は数週間から2ヶ月程度、腫れや麻痺が残ります。毛根の採取後にも、傷跡が残ります。

移植した毛根についても、一旦抜け落ち、そこから新たに生えそろうまでには3ヶ月程度の時間を要します。即効性は期待できず、長い目で見ることが必要です。

以上の通り、自毛植毛はAGAへの対応策としてはある意味究極のやり方と言える反面、時間や費用がかかり、面積や本数にも限りがあるというデメリットもあります。

これらをよくよく踏まえた上で、検討するのが賢明と言えるでしょう。

 
薄毛にサヨナラできる千葉のAGAクリニックBEST5